PURE VETS ピュアベッツ ・
なぜガンは出来るのか? トップページへ戻る
ピュアベッツについて
├ ピュアベッツの設立目的
└ ピュアベッツの設備紹介
なぜガンが出来るのか?
ペットの治療方法Q&A
活性化リンパ球療法について
活性化リンパ球療法を受けられる病院
ガンワクチン療法
会社概要
・・・
・・・

 

 医学の発達に伴い人間の高齢化が進んだように、動物も昔に比べて長く生きられるようになりました。動物も高齢になると人間と同じように様々な病気に侵され、とくにがんになる可能性は人間より高く、10歳以上の死亡原因の45%ががんであったという報告もあります。

 現在のがんに対する治療法の選択肢として、外科手術、抗がん剤、放射線治療が大きな三本柱となっているのは人間も動物も同じです。検査機器の進歩や定期健診の一般化によりがんが早期に発見されるケースが増え、手術だけでも完治する症例も多くなったように思われます。さらに手術所見や病理検査により再発や転移の可能性の高い症例には、その予防策として抗がん剤や放射線治療が施されています。しかし、医学の目覚しい進歩にも関わらず、進行がんや悪性度の高いがんについての治癒率は、現在も低いままで昔とほとんど変っていないという事実はあまり知られていないような気がします。

なぜガンができるのか?

. 私達の体の中で細胞は毎日生まれ変わっています。
正常な細胞は寿命が来ると縮んで剥がれ落ちます。
フケやアカは剥がれ落ちた細胞の塊です。
.
.  あるキッカケで細胞の異常な増殖が始まります。
放射線・紫外線・化学物質などにより遺伝子にキズがつくと、細胞は寿命が延びて異常に増え始めます。
.
.
この異常は普通であれば“免疫力”により攻撃されます。
体の中には、ウイルスや細菌などの外敵を監視する見張り役がいて、異物を排除します。異物を認識し、排除する力を“免疫力”と言います。異常に増え始めた細胞も攻撃対象です。
.
. 細胞の異常な増殖を止められず“しこり”になります。
勝手に増殖し始めた細胞も、もともとは自分の細胞なので、異物と認識するのは難しいのです。加えて、ストレスや加齢などにより見張り役が弱っていると、監視をかいくぐった細胞はどんどん成長して“しこり”となって現れます。もともと自分の細胞なので初期には痛みもありません。
.

 

成長が早いものは悪性かもしれません。

一度監視をかいくぐった細胞は、そのままどんどん増殖し、正常な細胞をも壊しながら成長し続けます。これが悪性腫瘍(がん)と言われるものです。腫瘍の成長に伴って、神経を巻き込んだり、骨を壊したりするようになると、痛みも現れます。

.

・・・
ピュアベッツについて|なぜがんが出来るのか?|ペットの治療方法Q&A活性化リンパ球療法について活性化リンパ球療法を受けられる病院
がんワクチン療法プライバシーポリシーサイトマップお問い合せ
ピュアベッツ 東京都武蔵野市吉祥寺南町5-8-25 電話03(3331)3381 東京動物医療センター内(旧 杉並犬猫病院)
Copyright(C) PURE VETS(ピュアベッツ) .Co.,Ltd. All Rights Reserved.
サイトマップ サイトマップ トップページへ